OBLIVIONの世界(とか、世紀末とか)を中心に、『むさし』が旅します。そこで手に入れるのは、名声か、職業か、・・はたまた。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
冒険記46:インビジブル
2006-10-20 Fri 00:00
注:本記事はサブクエスト攻略の為、ネタバレを含みます。ご注意下さい。









・・・ここ・・どこだ?




むさしさんは迷子になっていた。



昼間、ライオンを狩るふりをして野山へと駆け出し、

その後、山の中に1人、途方に暮れていたのだった。

そんなむさしさんに追い打ちをかけるように、日も暮れ始めていた。





まいったな・・、なんかねぇかな・・・



・・お!あんな所に家がある!



2006_09230004_t.jpg




捨てる神あれば広う神ありだな。




っつか、こんな山奥に一軒の家なんて、

オカルトな話だったら絶対ヤバイよな。怖い目にあっちまう。

でも、これはあくまでオブリビョンだから、大丈夫だろう。





むさしさんは、まだオブリビョンの世界を理解していなかった。







むさしさんは力強く、家の扉を開けた。




2006_09230005_t.jpg





裸の男が立っていた。



男は言った。



2006_09230006_t.jpg




や ら な い か 。







むさしさんは思わず叫んだ。





うほっ! ・・・・・・・・じゃNEEEEEEEEEEEEEEEEEE!









オブリビョンはそんじょそこらのオカルトより(ある意味)怖い!






そんなことを考えながらむさしさんは、

家を飛び出し、山の奥深くへと逃げていった。













辛くも魔の手から逃れたむさしさん。







ふぅふぅ・・・まいったぜ・・・

お、こんなところにベンチがある。良いタイミングだ。






むさしさんはベンチに腰を下ろし、顔を上げた。

2006_09230009_t.jpg





目の前に神像があった。





・・・行くか。






むさしさんは神像に懲りていた。





ちょ!!!!!おま!!!!!!!!

2006_09230008_t.jpg







背後で神像の呼び止める声が聞こえたが、

むさしさんが足を止めることはなかった。












そんなむさしさん、

夜通し歩いて、ついに一つの宿を見つけることとなった。

2006_09230015_t.jpg


アレスウェル イン

それがその宿の名前だ。




歩き疲れていたむさしさんは、

何の疑問もなく、その宿の中へと足を向けた。




2006_09230016_t.jpg



宿の中はがらんとしていた。



2006_09230017_t.jpg


誰もいないのか・・・?・・・いや、、、でもな・・・気配が・・。





むさしさんが辺りをいぶかしげに見回していると、

突然、何もない空間から声がした。

2006_09230018_t.jpg


お客さん、こっちこっち。






うぉ、やっぱりなんか居る!

斬り殺すか?





むさしさんはまだアンブラソードの呪いが解けきってなかった。





透明な奴はそんなむさしさんの思いをよそに、話しかけてきた。





透明な奴によると

どうやらしばらく前からなぜか透明になってしまったらしい。

本人達も困惑しているようだ。




そして、どうやら近くの砦に住む魔術師に

原因がありそうだということだ。





そうか・・悪の魔術師か・・・。

2006_09230019_t.jpg




むさしさんの目は輝いた。

悪の魔術師という響きになんとなく惹かれたからだ。




よし、じゃ、俺がそいつに会いに行ってくるわ。





むさしさんはそう言い残して宿を出た。












外に出ると、そこは


2006_09230020_t.jpg


インペリアルシティのすぐそばだった。




なんだ、こんなところだったのかよ!




むさしさんは自分のバカさを棚に上げ、なんか腹を立てた。



そして、その怒りの矛先は

2006_09230021_t.jpg


悪の魔術師へと向けられるのだった。










砦に移動すると、そこは確かに何者かの生活臭が感じられた。

しかし、見た目には、誰もいない。


2006_09230029_t.jpg



むさしさんは声をあげた。


出てこいやぁ!


高田延彦の真似らしい。





むさしさんの狂気にびびったのか、

何もないところから、魔術師の声が上がった。

2006_09230027_t.jpg


あわわわわ、実験してただけなんス。





魔術師はむさしさんの目を見て、かなりびびっているようだ。

むさしさんの顔を見ると、

アンブラソードの時のように、明らかに血走っている。





むさしさんは要求した。

透明を戻すか、さもなくば死か。







けけけけけけけけ研究したかっただけなんス (((( ;゚Д゚)))









そう言って、魔術師は解呪の魔法をむさしさんに渡した。

ただの研究バカであり、悪の魔術師でもなんでもなかった。







ちっ・・・悪の魔術師じゃねぇのか・・・殺るか?






むさしさんは思想が過激派だった。















宿屋の前で、解呪の魔法を使ったむさしさん。



どれどれ、みんな見えるようになったかな?




むさしさんはワクテカしながら宿に入った。





2006_09230038_t.jpg


長沢君が居た。

2006_09230037_t.jpg


むさしさんはビビった。




長沢君は言った。

ありがとう。おかげで助かったよ。

これから宿無料で使って良いよ。それが報酬ね。







・・・長沢君・・・・・






2006_09230036_t.jpg


・・・・ケチ。






更に長沢君は続けた。





あ、あれ嫁さんだから、よろしく。

2006_09230034_t.jpg




むさしさんは思った。

2006_09230036_t.jpg


ぶ・・・不細工。。。。






そして嫁は言った。



2006_09230034_t.jpg


早く出てって。



2006_09230036_tt.jpg
























・・・・こうして、透明人間の住む集落は、

この日をもって、無人の町となった。


                                   完


スポンサーサイト
別窓 | 冒険記 | コメント:3 | トラックバック:0
<<冒険記47:番外編 昼ドラ | むさしの冒険記 + むさし課長日誌 | 冒険記45:殺害>>
この記事のコメント
うはははは!
神像がポーズとってる写真だけで笑えましたw
むさしマジックですな。
嫁の最後の一言はObli世界ならありえるけど、言われるとやっぱカチンとくるんですよねぇ・・・。
2006-10-20 Fri 19:03 | URL | Krazy.Ivan #EBUSheBA[ 内容変更]
通常の冒険に戻ったと思えば、この展開w
冒頭から大笑いしましたよ。
どうあっても神像の呪縛から逃れられませんねぇ、むさしさん。この先も神巡りが待っているのでしょうか。
アンブラの呪いも若干残っているようだし…これからどうなるのか?ますます目が離せません。
2006-10-20 Fri 19:36 | URL | 丸投堂 #07.xb34Y[ 内容変更]
>>レスです
>>Krazy.Ivanさん
なんかこのゲームを作った人のセンスが
少し変わってるのがよくわかりますよね、神像のポーズ。

オブリビョンの世界は、
総じて
・良い気分
・悪い気分
の差が激しく、
全くもって不愉快な暴言を吐く女性が多くて困ります。
そして今回の冒険記にて・・そういう女性の行く末が・・。

>>丸投堂さん
神巡りはしばらく続きますが、
それだけではやはりお腹イッパイになりますので、
少し趣向を変えた話も織り交ぜてみます。

マンネリ打破!

これが目標ですかね。
2006-10-21 Sat 23:39 | URL | むさし屋 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| むさしの冒険記 + むさし課長日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。