OBLIVIONの世界(とか、世紀末とか)を中心に、『むさし』が旅します。そこで手に入れるのは、名声か、職業か、・・はたまた。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
冒険記38:独り・・そして悪夢再来
2006-09-24 Sun 00:00
マーチンをブレイズに送り届けてから一夜明け、

むさしさんはアンヴィルへ帰る道の途中に居た。



そこで見つけた一つの遺跡。


DSCF3652_t.jpg



むさしさんは、意気込んだ。

久しぶりに、1人で攻略する遺跡だ・・、気を引き締めるか。



手に持った盾を握りしめ、遺跡の扉を開いた。



DSCF3653_t.jpg


死霊が待ち受けていた。





むさしさんは死ぬほど驚いたが、

何とか鞄から銀のナイフを取り出し、退治することに成功した。




ふぅぅぅ・・・まぁ、こんなのは余裕だよな。




むさしさんは強がったが、実は心細かった。




しばらく奥に進むと、

現れたのは魔道師だった。



むさしさんは無言で近寄り、一発で叩き殺した。

DSCF3654_t.jpg



まだ、魔道師の方が死霊よりは戦いやすかった。

なぜなら奴らは虚弱体質だからだ。



最近やっかいになったのは・・・・

そう・・・コイツだ。

DSCF3656_t.jpg


ゾンビめ・・・キモイし、硬いんだよ!

近寄って来んな!




むさしさんはそう言いながら剣を振り回した。

DSCF3657_t.jpg


ゾンビは少し落ち込んだように見えた。





そのゾンビもしばらくの戦闘の後 動かなくなり、

むさしさんは無事、まだ動いていた。



死霊・・魔道師・・ゾンビ・・・

こりゃ、この遺跡は最低なとこだったな。




むさしさんはすでにこの遺跡に嫌気が差していた。





が、





次に見つけた敵は、

今以上のダメージを

むさしさんに与えることになった。










そいつは、







扉の向こうにいた。












DSCF3658_t.jpg




ゴクリッ・・・・





むさしさんは唾を飲み込んだ。





木で出来た扉の向こうから、

揺らぐ火の影が見えている。




何が居るんだ・・・油断は出来ないぞ。。。





むさしさんは慎重に・・・

しかし素早く、扉を開いた。






そこには!!!!!!!!!!!!!!






DSCF3659_t.jpg







風呂ですか?

DSCF3660_t.jpg



べらんめぇ!・・・近づくんじゃねぇ。。。

DSCF3661_t.jpg








・・・すんまそん(´・ω・`)







むさしさんは多大な精神的ダメージを受けて

洞窟の入り口へと戻ったのだった。















いやぁ・・・さっきのゴブリンは何だったんだ。

DSCF3655_t.jpg


むさしさんは入り口のたき火の前で、

休憩をしている。




ふぅ・・・なんだかな・・・こうやって1人になってみると、

随分静かなもんだな。



やっぱ、1人がいいな。

気楽だ。






・・・でも、

マーチンと旅してたときは、

こうやってたき火の前で雑談してたな。




ちょっとだけ、懐かしいな。





・・・むさしさんは、少しだけ感傷的になっていた。










ただ、彼はマーチンとたき火の前で談笑など一度もしていなかったが。








しばらく無言で火を見つめた後、

むさしさんは遺跡をあとにした。









DSCF3664_t.jpg



ふぅ・・・・この遺跡はある意味やっかいだったな。

むさしさんは扉を見つめてそう呟いた。



そして一呼吸おき、振り向いた。




そこは、高台であり、辺りを一望できる場所だった。

DSCF3665_t.jpg


今日も良い天気だな。

なんとかあと一日くらいで家まで帰りたいな。





そんなことを呟いていたむさしさんの視界に、

何かが写った。



DSCF3666_t.jpg




なんだ・・あの左下に見えるのは・・・




むさしさんは少し近づいたみた。




DSCF3667_t.jpg





?!










悪夢のようだった。




あのとき閉じたはずのオブリビョンゲートだ。




それが、なぜこんなところに?!






むさしさんが動揺している間にも、

世界は見る間に赤くなっていく。





ゲートのそばでは、異形の怪物がうろついている。

DSCF3676_t.jpg





あれが最後じゃなかったのか・・・これか・・・


これが世界の危機なのか・・・!!






むさしさんは、皇帝が死ぬ間際に言っていた言葉を、

うっすらと思い出した。







・・・ど、どうする。










DSCF3673_t.jpg


赤く染められた世界。

赤く染められた己の鎧。そして顔。




むさしさんは悩んだ。





そして・・・・






決めた!!!!


そう叫んだとき、辺りに雷鳴が轟いた!

DSCF3674_t.jpg








むさしさんは、もう一度叫んだ!








見なかったことにする!!



そして全力で走り出した!!

DSCF3677_t.jpg















ゲートに背を向けて走り去るむさしさん。





戻ってこい・・・戻ってくるんだ・・・小悪党の勇者よ・・。


                         次回に続く・・orz
スポンサーサイト
別窓 | 冒険記 | コメント:5 | トラックバック:0
<<雑談:道具袋 | むさしの冒険記 + むさし課長日誌 | 冒険記37:新たなる要請 後編>>
この記事のコメント
こんにちわ。
いやぁ、風呂ゴブリンには笑っちゃいました。まだまだ知らない世界があるなぁ。

あと、再びゲイトに遭遇した緊張感が素晴らしかったです。独り黙々とこなし、メランコリックな休憩まで取った遺跡とのコントラストが最高でした。
んで、逃げ出すところがまた最低に最高(笑)。

危機迫る世界に背を向けて生きられるのもオブリビオンの良さですよね(笑)。
2006-09-23 Sat 15:49 | URL | タコ #TY.N/4k.[ 内容変更]
相変わらずSSのクオリティが高いですよね。
少し落ち込んでいるゾンビはそう簡単に撮影できるものではないですよね。
私はPC版に移って好きなだけSSが撮れるのようになりましたが、なかなか良い絵は撮れません。
精進しなければいけませんね。

さて、マーチンと別れて新展開か!?
と思っていましたが都合の悪いものから逃げ出そうとするのはいつものムサシさんですね。

あとムサシさんの顔を久しぶりに正面から見れましたがホントに絶壁ですね。しかもキョドってる。
2006-09-23 Sat 16:29 | URL | 西東 #-[ 内容変更]
爆逃w
久々の一人旅。
風呂ゴブリン(?)との遭遇など、笑いどころを抑えつつの順調な滑り出しかと思ったら…
いやぁ、躊躇無く爆逃するむさしさんに爆笑しましたよw
まさに悪夢再来ですねぇ。
2006-09-23 Sat 19:46 | URL | 丸投堂 #-[ 内容変更]
あんなゴブリンいるんだ・・(゜ロ゜;)
でもOblivionゲートってカッコよくないですか?
始めてみた時は、「おお、ディアブロのゲートっぽい」が第一印象ですた。
ぼーっと景色を眺めてる時に赤いゲートの一部を見ちゃった時は、「うわぁあるよ感」はたまりませんw
2006-09-23 Sat 21:58 | URL | とも #-[ 内容変更]
>>レスです
>>タコさん
お褒めの言葉、ありがとうございます。
毎回、写真を見ながらどう話を持っていこうか悩むのですが、
今回は割と分かり易い感じでさらっと書けました。

時々、むさしさんがさっぱり私に訴えかけてくれないときがあって、
その時は内容に悩むんですよね~w

>>西東さん
クオリティですか・・・そうですかねw?
ゾンビに至っては、
実は冒険記書くときにはじめて写真を見て、
それっぽかったから使ってみました。

とりあえず、色々撮ってみると意外に色々使えますよ。
むさしさんの顔については、
全面的に産みの親の私が悪いのです。
可哀想な子です。

>>丸投堂さん
怖い物には近寄るな
と、彼はそう思っているようです。

でも、次回はそうも行かない事態に陥るんですよねぇ・・。

脱走してばかりでは、話が進みませんからねw
がんばってもらいますよ!

>>ともさん
ゴブリンは笑いました。
こんな体勢にしなくても・・・ってのが、
普通にフィールド上にあるのがすごいですわ、このゲーム。

オブゲートは、
はじめてみたとき、
真面目にビックリして、

そして、その綺麗さに目を奪われました。

ゲートが・・というより、
空の変化に・・でしたが。

このゲーム、空気感がとっても凄いんで、やっぱりいいですわ。
2006-09-24 Sun 00:54 | URL | むさし屋 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| むさしの冒険記 + むさし課長日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。