OBLIVIONの世界(とか、世紀末とか)を中心に、『むさし』が旅します。そこで手に入れるのは、名声か、職業か、・・はたまた。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
冒険記28:教会の謎 後編『盲目』
2006-09-01 Fri 00:00
注:本記事は微妙にサブクエストのネタバレを含むかもしれません。




<前回のあらすじ>

雪山を徘徊していたむさしさんが見つけたのは、

いわくありげな教会だった。



教会に隣接する建物の地下に何かあると感じたむさしさんは

修道士たちの目を盗んで中にはいる。



地下の食料庫で探索を始めたマーチンとむさしさんを

突如襲った驚愕の出来事とは。。。










バンッ!



マーチンのほうを向こうとした俺の後ろで、

突然、扉が開いた。



そして、そこから襲い掛かってきたのは、



2006_08300030_t.jpg




目隠しをした白装束の集団だった。




ちょ・・・おま・・・!




俺が急な出来事に戸惑っている間にも、

白装束の集団は俺とマーチンを死へ追い込もうとしていた。



な、何なんだこいつらは。

やっぱり俺のカンは正しかった。

ここはヤバイ場所だった・・・・

カルト教団のアジトだったんだ・・ここは!

2006_08300035_t.jpg





しかしなんだ?

怖いのに怖くないこの感覚はなんだろう。

ハゲにマゲに目隠しなんて、どんな罰ゲームだよ!

突っ込みたくなるからか?




そう俺が考えながら戦っていると、

さすがはカルト教団信者、

こちらの考えをお見通しらしい。

ぶち切れて俺を殺そうとしてきた。

2006_08300043_t.jpg


痛ってぇ~~!!!!!

俺の目の前を血しぶきが舞う。

刀を装備しているようだ。日本かぶれか?



そして、俺&マーチン vs カルト信者との

『ダイニングの戦い』が始まった。


2006_08300037_t.jpg


2006_08300038_t.jpg


2006_08300040_t.jpg


2006_08300041_t.jpg


2006_08300042_t.jpg




カルト教団信者は、俺の前に折り重なって倒れている。

無事、撃退することができたのだ。



とても喜ばしいことだが、

実は俺は突っ立って見てただけで、

マーチンが全て倒してしまったのは内緒だ。



全く持ってカルト信者は虚弱体質で困る。

もっとホントは俺の活躍する姿を撮るつもりだったんだが。




俺はマーチンに文句を言いたかったが、

奴は相変わらず無表情で、信者達の出てきた扉を見つめている。



・・そうだな。あの奥に何かあるのかもしれない。



俺は先にたって扉の奥へと向かった。



そこには、絹で織られたであろう布が置いてあった。

壁にも、蒼く染められた布がかけられている。

2006_08300046_t.jpg


そうか・・・ここで布を生産してたんだな。


上に居たザビエルども2006_08300019_t.jpgはこいつらの存在を知っているのか?


そもそも、何故こいつらは目隠しをしているのだ?









・・・いや・・・目隠し・・させられている?!











・・・・ふん、まあいい。

とりあえず、ここの奥の全てを見届けてからだ。
















奥へ向かうと更にもう一つ扉があり、

そこからは洞窟になっていた。




しかし洞窟とは言っても、

人の手は明らかに入っており、

そしてそれは侵入者を拒んでいた。




足元に張り巡らされた紐。

2006_08300050_t.jpg




引っかかればたちまち襲う危険な罠。

2006_08300051_t.jpg




しかし、さすがに鉄球ごときでひるむ俺ではない。

するりとかわし、先へと進んでいたのだが・・・。






マーチンの先を歩いていた俺が、

ふと後ろを見ると、そこは壁だった。

2006_08300053_t.jpg


?!道が消えた?!


いや、道は消えるはずも無い。

ということは、、、、


2006_08300052_t.jpg



マーチン!!



そうか・・・岩が道をふさぐ罠だったんだな。



よし、すまないがお前はそこで待っていてくれ。

俺は先まで行って奥に何があるか確かめてくる!





マーチンをそこに残し、さらに俺は奥に進む事にした。





2006_08300054_t.jpg


丸太の罠や

2006_08300055_t.jpg


スケルトン、

2006_08300060_t.jpg


それに死霊まで現れたが、

そんなものに構っている暇は無かった。





このきな臭い場所を、そしてきな臭さの原因を解き明かさなければ、

胸のわだかまりが消えないことを分かっていた。




洞窟は、、、いや、

この洞窟に罠を仕掛けた人物は、さらに俺の侵入を拒むかのように、

針の山を仕掛けていたが

2006_08300058_t.jpg




身軽な俺にそんなものは意味が無かった。

2006_08300059_t.jpg







そしてその奥に現れたのは、一枚の扉・・・

感じる・・・、この奥だな。

2006_08300061_t.jpg


俺は腰を低くし、警戒しながら扉を開いた。





2006_08300062_t.jpg


そこにはマーチンが居た。



2006_08300048_t.jpg


何で居るの?

いや、別の道があったよ。遅かったね。















俺が気を取り直して歩き始めると

2006_08300064_t.jpg


奥は、広い空間が広がっており

2006_08300065_t.jpg


そしてその中央には祭壇らしきものがあった・・。

2006_08300066_t.jpg




ん・・・誰かいるな・・祭壇に。

2006_08300067_t.jpg


俺はゆっくり、警戒しながら近くへと移動した。

2006_08300068_t.jpg



さて・・・あれが指導者かな。

捕まえて、ここがなんなのか吐かせてやる・・。




・・と、その時!




うぉぉぉぉぉぉぉぉ!と唸り声を上げて、

マーチンが指導者へと詰め寄った。

2006_08300026_tt.jpg


ちょ・・・おま・・・・・



・・・・


・・・・・・・(ノ∀`)あちゃー


2006_08300069_t.jpg


コレでよかったんだろう?と言わんばかりにマーチンがこっちを見ているが

全然良くないぞ。




お前のせいで・・・真相は闇じゃないか・・・。



果たして・・この死体が全ての原因だったのだろうか。

こいつが、指導者として君臨し、

目隠しをした信者を使い、私欲をこらしていたのか?



答えは・・もう出ないのだろうか。




俺はがっくりと肩を落としながら周囲を探ると、

外の光が漏れるはしごを見つけた。

2006_08300073_t.jpg


マーチンを先に上らせ、その後俺が登るとそこは・・・

2006_08300074_t.jpg


教会の横の井戸だった。



・・・ふぅ・・・・元に戻る手間は省けたが・・・

なんだったんだろう、ここはいったい・・。




その時、教会の横から声が聞こえてきた。

2006_08300075_t.jpg


最初に見かけたザビエル達だった。











このカイコは、もう少し育たないと駄目だな。

あいつらにさっさと作らせないとな。














・・・・カイコ・・・あいつら・・・




・・・そうか・・・




全ての糸は繋がった。







全ての黒幕は・・・・




そう呟きながら俺は、冷たく光を放つ剣を握り締め、修道士たちへと近づいていった。






















生命の気配途絶えた教会を見下ろす丘に、俺は立っていた。

2006_08300076_t.jpg




目隠しをした信者達は、何を信じていたのだろうか。

そもそも信じていたのか?ただ捕らえられていただけなのでは?

修道士たちに目隠しをさせられて。



・・・しかし、俺は侵入者として命を狙われた。



目が見えないだけではなく、真実を見ること、

自分たちを包む悪意を見抜くことが出来ず、

ただ妄信的に彼らの神を崇めていたのだろうか。









・・・・盲目・・・か。








そう呟いた俺の周りを、無数のカイコが静かに舞っていた。



スポンサーサイト
別窓 | 冒険記 | コメント:5 | トラックバック:0
<<冒険記29:むさしさんの悩みと控えめなマーチン | むさしの冒険記 + むさし課長日誌 | 冒険記27:教会の謎 前編『地下へ・・・』>>
この記事のコメント
どうしたんだ、むさしさんw
最後まで一気に読みました。
いつも通りの笑えるシーンを含みながらも、何気にちょっとした英雄譚じゃないですか。
むさしさん、格好いいぞ!
あいかわらず戦闘のおいしいところは、マーティンさんにもっていかれてますけどw
僕の方はというと、ちょっとスタイル変えて、暗黒司祭じみた黒ローブから鎧系に移行。現在色々弄ってます。
しかし、本当に色んな遊び方が出来ますよね、オブリビオン。ここまで遊べるRPGって、他にないんじゃないでしょうか。
むさしさんも、これからどういう風に変化していくのか楽しみです。
2006-09-02 Sat 09:41 | URL | 丸投堂 #07.xb34Y[ 内容変更]
マーチンとの掛け合いが今回も笑えますね。
写真もいいっ

とゆーかあんな大勢と戦って(むしろ逃げ回って)よくあんないい写真撮れましたねぇ。



ところでむさしさん、使わないなら重いんだから武器は売っちゃっt
2006-09-02 Sat 13:16 | URL | マーチン・・・ #-[ 内容変更]
やばい。
何故か名前をマーチンにしてしまった
2006-09-02 Sat 13:18 | URL | 抹茶ミルク #-[ 内容変更]
はじめまして
Wikiのリンクからやってきましたー。
おぶりびょんに興味があったのでどんなもんじゃいと思ってブログ全内容一気読みしました。
面白すぎですw奇跡起きまくりw
むさしさんの神レベルの奇跡に触発されて購入を決定しました。
英語は(´・ωですが辞書片手に頑張ろうと思います。
2006-09-02 Sat 19:13 | URL | とら #gDes4h3M[ 内容変更]
>>レスです
>>丸投堂さん
珍しくかっこいいところもあったようです。
たまには俺のことをちゃんと書けと、
むさしさんが怒っていましたので。
全て一人称で話を進めるのは非常に厄介でしたが・・。

魔法キャラから戦士キャラにジョブチェンジですね?
じゃあその乗りで完全な正義キャラになってみましょうよw

>>マーチンさん=抹茶ミルクさん
マーチンってだれだ?!あの無言なヤツか?!
と、一瞬びっくりしました。

あの写真は、実は結構不満です。
やっぱり動きのある写真は難しいのです。
むさしさんが勇ましい写真を撮ってあげたいのですが・・。
でも、誉めていただいて嬉しいです。

マーチンは極力無言キャラで通したいのですが、
今回、どうしても一言喋ってもらわなければなりませんでしたw

>>とらさん
書き込みありがとうございます。
ご購入決定、とても嬉しいことです。
当ブログは、多少(?)出来事に妄想を加えておりますが、
とらさん自身の冒険は十二分に楽しめるはずです。

英語は私も(´・ω・`) ですから、
とらさんのほんの少しの努力があれば、
全然大丈夫だと思いますよ^^


2006-09-02 Sat 21:26 | URL | むさし屋 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| むさしの冒険記 + むさし課長日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。