OBLIVIONの世界(とか、世紀末とか)を中心に、『むさし』が旅します。そこで手に入れるのは、名声か、職業か、・・はたまた。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
冒険記19:血塗られた棺
2006-08-23 Wed 00:00
2006_08190061_t.jpg


むさしさんは教会に居た。

アンヴィルの教会である。

それは、むさしさんの家の真正面にあり、通いやすいこともあって、

毎日のお祈りは欠かせないものになっていた。



随分戦いに慣れてきたむさしさんであったが、

恐ろしいのは病気である。

歴史を紐解けば、

豪傑と謳われた英雄ですら病魔に勝てなかった話はいくらでもある。


祈ることで病気を未然に防げるのなら、安いものだ。


むさしさんはそう思って、毎日教会に通っているのだった。

信心深いなどというものではない、

全ては自分の為だった。








祈りを終えたむさしさんは、今日も遺跡探しの旅に出ていた。

今日見つけた遺跡は、物見櫓のような

高さのある3階立ての作りだった。



遺跡の入り口は1階にあったが、外から上れる3階に上がってみた。

すると、3階にも扉があった。


2006_08190048_t.jpg


怪訝そうな顔をしつつ、むさしさんがその扉を開けると・・・

2006_08190049_t.jpg


・・・最低だな。



むさしさんは冷静に上からぶら下がったものを見て、

その後吐いた。

あいかわらず小心者だった。




・・・しかし、こんなものを外にぶら下げてるとは・・・

当然外部に対しての威嚇だよな。

ここは・・、なにかヤバイものが居る予感がする。



むさしさんは口を拭きつつ考えた。

そして、その予感はこの後、実際のものとなるのだった。









遺跡に入って最初に見たものは、先に入ったであろう、

トレジャーハンターだった。

・・・残念ながら、すでに命は尽きていたが。

2006_08190050_t.jpg


彼のそばから点々と奥に続いているのは、

彼の血だろうか。・・それとも・・・。

2006_08190051_t.jpg


むさしさんは用心しながら奥へと歩を進めた。




しばらく歩くと、少し広い部屋に出て、そこに血だまりができていた。

そして、そこで血痕はとぎれていた。

2006_08190052_t.jpg


むさしさんはイヤな気配を感じて、左に顔を向けた。

2006_08190053_t.jpg


ヴァンパイアか('A`)

そう叫んだとき、背中に鋭い痛みが走った。

2006_08190054_t.jpg


振り向くと、俺の血で真っ赤に染まった斧を片手に

ヴァンパイアとなったおばはんがむさしさんを威嚇していた。



な、なめやがってえぇ~('A`)

言葉とは裏腹に、

顔は完全に萎縮していた。



ヴァンパイアと激しいつばぜり合い、斬り合いをしている間、

何度と無くヴァンパイアは

お前の血が欲しいぃぃ!

とむさしさんに求婚していたが、勘弁してほしかった。




その後、何とか求婚を断り、天国への階段へ導いてあげたむさしさんだったが、

急にヴァンパイアに襲ってこられるとは思っていなかったので、

しばしボーゼンとしてしまった。



イカンイカン、こんなことじゃ先が思いやられる。



むさしさんは頭を左右に振り正気を取り戻すと、

剣を握り直し、奥へと進んでいった。








奥には多くの棺があり


2006_08190060_t.jpg



そして多くのヴァンパイアが居た。


2006_08190058_t.jpg



呪われた血を持ち、

眷属を増やそうとするヴァンパイアに辟易しながらも、

奥へと進むむさしさん。



そして、最深部で、この日一番の強敵に出会った。




その強敵・・ヴァンパイアは苛烈な斬撃を幾度も繰り出し、

侵入者の命を奪うあと一歩まで追いつめたが、

最後は重厚な棺の前にその屍を転がした。

2006_08190056_t.jpg




むさしさんは凶悪な力を持ったヴァンパイアにからくも勝利したものの

その首筋にはくっきりと2つの穴が空いていた。





あぁああぁあぁぁぁぁああ!かまれたー!


お、おちつけ俺!まだ発症はしないはずだ。

あとで忘れずに教会に行こう。な。



むさしさんは自分に言い聞かせてから、

目の前にある重厚な棺に手を伸ばした。



大抵棺の中には・・・いいものが・・・あるはずだ。。。




そういってむさしさんが開けた棺の中には・・・




2006_08190055_t.jpg

防御力:1



苦労した報酬がこれか。





むさしさんはトボトボと洞窟を後にしたのだった・・・。








2006_08190062_t.jpg



むさしさんは教会に居た。

アンヴィルの教会である。

彼は今日も祈る。

ヴァンパイアが発症しないことを願って。

そして、

明日はいいことが起こることを願って。

スポンサーサイト
別窓 | 冒険記 | コメント:2 | トラックバック:0
<<冒険記20:激戦と商売と天罰と | むさしの冒険記 + むさし課長日誌 | 冒険記18:ロックピック購入と治安の悪化>>
この記事のコメント
教会と名声の関係
今回も冒頭から笑わせてもらいましたw
確かに入り口のドアを開けた途端にアレでは気分が滅入りますなぁ。
ヴァンパイアの大群は相手にするだけでも怖いですよね。
個人の強さより、病気になるのが(^^;
マイキャラvansanは名声14、悪名30なので教会でお祈りしても『お前に与える祝福はネェ!』みたいな感じで拒否されますorz
現時、何とか名声を上げるべくオブリビオン・ゲートを閉じまくっているのですが…
何か、閉じても閉じても次々に各地に出てくるんですけど、コレってやっぱりメインクエストを進めないとエラい事になるんでしょうか?
現在、例の王族の生き残りさんを少林寺みたいなところ(ブレイズ本部?)に送り届けたところで止まってますが。

追伸:
暗殺ギルドの最終クエストまでを終えました。
これで僕も"総帥"ですw
組織復興のため新人連れて来い、とか言われてますが目的のもの(装備アイテム)は全部もらったので、後はもう知ったこっちゃないです。
次はどんな冒険をしようかな…
2006-08-22 Tue 22:55 | URL | 丸投堂 #07.xb34Y[ 内容変更]
>>丸投堂さん
名声より悪名がとどろいてるんですね。
そりゃ神様も見放します。
是非善行を積んで、むさしさんのように神に祈って下さい。

オブゲートの乱立については、
どういう収束のしかたをするのか知らないんで、
これからむさしさんが時間をかけて調査してくれると思います。
まだ、マーチンに会ってすらいないむさしさんは、
オブゲートは1つだけだと思いこんでますけどね・・(;´Д`)

ついに総帥が二人に?!
じゃああっちの総帥は・・下克上か?!
2006-08-23 Wed 08:35 | URL | むさし屋 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| むさしの冒険記 + むさし課長日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。