OBLIVIONの世界(とか、世紀末とか)を中心に、『むさし』が旅します。そこで手に入れるのは、名声か、職業か、・・はたまた。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
冒険記15:自らの力で勝ち取れ!
2006-08-15 Tue 00:00
注:本記事はサブクエスト攻略の為、ネタバレを含みます。ご注意下さい。

2006_08140028_t.jpg


朝一で山に登ってみた。

綺麗な朝焼けに、しばし見惚れてしまう。



今日、むさしさんは一つの決断を行うことになっていた。

家を買う。

場所は、西の外れの町、アンヴィル。

2006_08120003.jpg


むさしさんは以前アンヴィルに訪れた際、

街のなんともいえない雰囲気に、心惹かれたのだった。

2006_08120004.jpg




それから彼は、お金を貯めることに必死になった。

代わり映えのしない冒険記を書きまくったのもそのせいだった。

しかし、今日は違った。

アンヴィルの街で家を買って、悠悠自適の生活を見せつけるつもりだった。

お金も1万ほど貯めた。

これだけあれば、そこそこの家は買えるだろうと考えて、

むさしさんはアンヴィルの城門を開いた。








街を歩いていると、とある男が家を売りたいという話を聞いた。

なるほど、良いタイミングだ。

さっそくむさしさんはその男に会いに行った。

その男は酒場にいた。





2006_08140029_t.jpg


男はベルウィンと言った。

ベルウィンは5千で家を売る気らしい。すぐに売りたいと言っている。



予算より随分安く済みそうだ。

俺は一も二も無く飛びついた。5千をベルウィンに手渡すと、

カギと証書を受け取ってすぐに家の前に急いだ。

家は、町の南にあった。

2006_08140030_t.jpg


お・・おぉおぉぉおおおおお、豪邸じゃないか!

安かったから、どんなもんかと思ったが、でかいぞ!!!

2006_08140034_t.jpg


ちょっと放置されてたのか、ボロい気もするが、まぁ安いからいいだろうさ。

中に入ってみよう。




2006_08140035_t.jpg



・・・・


2006_08140036_t.jpg



・・・・・・・・ぅ



2006_08140037_t.jpg





・・・・・・・・・・・・・・・・




ま、まぁ、放置されてたらしいからなぁ、安かったしな。

掃除すりゃいい、掃除だ掃除。

2階も地下もあるしな。

まず地下だ!行ってみよう。





地下は食料庫だった。



2006_08140038_t.jpg


ワインも沢山あるじゃないか。俺は酒飲まないが、

コレクションとしてはいいかもしれないな。



地下は予想以上に広かった。

ワインセラー以外にも、奥に通路があったのだ。

突き当りまで行くと、こんなものがあった。

2006_08140039_t.jpg







・・・ふむ。

むさしさんは一つうなずいて、踵を返した。



売買の時から、明らかに胡散臭い情報がこの家を包んでいた

この不審な壁もその一つだ。



しかし、むさしさんは見なかったことにした。

地下はワインセラーまでだと納得して、2階に上がる事にした。



2階も1階と同じく荒れていたが、むさしさんはそれも納得した。

なんにせよ、安いのだ。

掃除すればどうとでもなるさ。

2006_08140041_t.jpg


見ろ。バルコニーの眺め。これが俺の家だ。な、そうだろ?

今夜はもう寝るぞ。購入初日だ。良い夢みれるさ。

2006_08140040_t.jpg


そう意気込んで、ベッドへ飛び込んだ。







夜中にうなされて目が覚めた。

2006_08140042_t.jpg


蠢くゴースト達が、ベッドのそばに居た。



半ば予想していた結果ではあったが、

それでもむさしさんは驚いた。

そして、

驚くと同時に、キレた。

もうここは俺の家なんだ!出て行け( ゚Д゚)ヴォケ!!

2006_08140045_t.jpg


むさしさんは懐から銀の短剣を取り出して切り付けた。

昔からこういう輩は銀製品に弱いのだった。



しばらくの騒動の後、家の中は静まり返った。

むさしさんは憤慨していた。

あまりの胡散臭さゆえに覚悟していたとはいえ、

眠りを妨げられ襲われたことが実に不愉快だった。

出てくるのなら出てくるで、起きている間に来いよと、

幽霊に対して明らかに理不尽なことすら考えた。



そのとき、一階で物音がした。

音の原因は、割れた壷だった。

2006_08140061_t.jpg


中から、本と骸骨の手が出てきていた。



ゴーストと同じタイミングで割れる壷。。



明らかな因果関係にうんざりしつつも拾うと



ベルウィンの元へと向かった。


拾った本は日記であり、その中には

『地下の扉は正当な血筋の者のみ開けられる』

ということが書いてあったからだった。








ベルウィンは酒場に居なかった。

いや、酒場どころではない、

この街にすら居なかったのだった。



酒場のマスター曰く、インペリアルシティへ向かったらしい。



なんでまたインペリアルシティなんかに!遠いじゃないか!



むさしさんは更に不快になりつつも、

あのまま毎晩ゴーストにうなされるのも真っ平ゴメンだった。



むさしさんは物凄くがっかりしていた。2006_08140033_t.jpg



が、その怒りはベルウィンに必ずぶつけてやると誓って

インペリアルシティに向かった。






ベルウィンはインペリアルシティの宿屋に泊まっていた。



オイぼけぇ!何さらしとんじゃい!

むさしさんは胡散臭い関西弁でベルウィンを問いただした。

2006_08140051_t.jpg


手にはゴーストを葬った短剣を握り締めていた。



しかし、ベルウィンはにこやかにこう答えた。

2006_08140050_t.jpg


あぁゴメンゴメン。爺さんが呪術師でさ。

なんか呪われてるみたいなんだよね、(´▽`*)アハハ


アハハで済むか馬鹿。


むさしさんはここで彼の人生を終わらせてやろうかとも考えたが、

彼でないと地下の扉は開かないことを思い出して

なんとか思いとどまった。



こちらの鬼気迫る顔を気づいたのか、

ベルウィンは自ら扉を開けに行く事を提案してきた。

そして提案をむさしさんが承諾すると、

そそくさと宿を出て行った。





むさしさん、そんなに怖い顔をしていたのだろうか。







むさしさんが再びアンヴィルの街にたどり着いた時、

ベルウィンはすでに到着しており、酒場で待っていた。



待たせたな、さ、扉を開けてくれ。



むさしさんがそういうと、

ベルウィンは先を歩き、家へと向かった。

2006_08140053_t.jpg




家の扉を開けると、やはりゴースト達は復活していた。

2006_08140056_t.jpg


こいつらにとりあってる暇はないぞ。

そうベルウィンに告げると、地下へと急いだ。



地下の扉の前につくと、

ベルウィンは壁に手を当て、何かをはじめた。

2006_08140055_t.jpg


10秒ほどだろうか。

彼が動きをやめると壁が開き、ゴーストの気配が消えた。



やるじゃないか!



そうむさしさんが声をかけようとしたとき、

すでにベルウィンの姿は無かった。



・・・あいつ、逃げ足速いな。




そうむさしさんはぼやいたが、

本来の目的・・扉を開ける、ということはちゃんと果たしたのだ。

あとは・・・新しい家主である俺の・・領分か?あれ?



むさしさんはベルウィンに完全に乗せられていた。



まぁいい、

とりあえず、扉は開いたのだから。

2006_08140057_t.jpg


奥は・・・、

2006_08140058_t.jpg


呪術師である爺さんの私室・・だったのだろうか。

机と・・祭壇らしきものがあった。



机の上に置いてある本を開くと、

2006_08140059_t.jpg


そこには禍禍しい記号そして血糊がべったりと着いていた。



く・・狂ってる。

ここに居たジジイは、確実に悪人だ。

何があろうと悪人だ。




むさしさんは少したじろいだが、

ここで引き返すわけには行かなかった。

何しろ自分の家がかかっているのだから。



奥に見える祭壇に近づいてみた。

そこは・・・

祭壇というよりは、棺だった。



2006_08140060_t.jpg




黄色いローブを身にまとった骸が、そこに横たわっていた。



それに近づくと、脳に直接、声が響いた。



この骸は、予想通り、ベルウィンの爺さんだった。

呪術師として生き、そして死んだが、

償いをして、安らかな眠りにつきたいらしい。



そして、そのために、

骸骨の手を持ってきて欲しい、ということだった。



眠りに着くのだったら、骨の一つや二つ関係無いだろ!



と、むさしさんはそう思ったが、

ちょうど懐にあるのが、その骨だった。



仕方ない、置いてやるか。



むさしさんが骨を置くと、

更に声の主・・・ベルウィンの翁は続けた。



馬鹿が!貴様が手伝ってくれたお陰で、また復活できるわ!


・・・ほらきた。

やっぱり悪人だった。



むさしさんがそうぼやいている間にも邪悪な笑い声が響き、

2006_08140064_t.jpg


死体が燃え上がった。

2006_08140065_t.jpg


そして、

2006_08140066_t.jpg


その死体の向こうに、、、老人の霊が浮かび上がった。





むさしさんと呪術師の霊との、

家の所有権をかけての、壮絶な戦いが始まった。



呪術師の霊は、死体を召喚しむさしさんへけしかけた。

2006_08140067_t.jpg


呪術師の霊だけでも強烈な強さであった。

そこに死体も加わっては、たまったものではなかった。



事実、今までのむさしさんの敵の中でも、

トップクラスの強さを誇った。



しかし、この日のむさしさんは、

数々の出来事に、不快指数MAXであった。



まとわりつく死体を跳ね飛ばすと、

持っていた氷の剣で、呪術師の霊を滅多切りにしたのだった。



何度目かの切りつけの瞬間、

霊が絶叫した。



そして、辺りは静まりかえり、

むさしさんの足元には、ミイラが転がっていた。

2006_08140070_t.jpg




こいつが全ての現況か・・・。



むさしさんは、魔に支配された魂にひとかけらの哀れみを向け・・・




・・・地下にある呪術師の扉を閉ざしたのだった。










地下から戻ると、

部屋は綺麗に修復されていた。

・・いや、あるべき姿に戻った・・というべきだろうか。

2006_08140071_t.jpg


2006_08140072_t.jpg


何も無かったかのようなこの家で、

これから俺は過ごしていくんだな。。。



むさしさんは、不思議な感慨にふけっていた。



酒場にいるベルウィンにも、全て終わった事を告げた。

ベルウィンは安心してインペリアルシティに向かうそうだ。



2006_08140078_t.jpg


バルコニーから見る夕日が、やけに綺麗に見えた。

・・・・今夜は良く眠れそうだ。



こうしてむさしさんは自らの力で家を勝ち取った。







・・・ただ、

まだむさしさんには3つの悩みがあった。



地上階は正常なものの、地下には老人の死体が転がっていること。

2006_08140070_t.jpg





ゴーストのエクトプラズムが廊下に転がっていること。

2006_08140073_t.jpg





そして・・・・


2006_08140076_t.jpg


あのー、帰るの忘れてますよー(;´Д`)




               良い家が手に入ってよかったね、むさしさん。
スポンサーサイト
別窓 | 冒険記 | コメント:5 | トラックバック:0
<<雑談:更新停止?! ~追記しました~ | むさしの冒険記 + むさし課長日誌 | 冒険記14:カツオの姉とボクサー>>
この記事のコメント
壮絶な遺産のめぐり合いワロタwww

この日記見るとオビリビョン、すげー欲しくなりますww
2006-08-15 Tue 11:01 | URL | otune #-[ 内容変更]
>>otuneさん
書き込みありがとうございます。

遺産相続はいつの世も荒れるものです。
相続人と、与える側での争いも・・。

ということで、今すぐ発注だ。
数日後にはOBの世界にようこそ!
って言わせてくださいw
2006-08-15 Tue 11:16 | URL | むさし屋 #-[ 内容変更]
お初です。よろしくしたって下さい
はじめまして。むさしさん

ここのプレイ日記を何回か読ませてもらっていたんですが、面白すぎにつきコメントさせていただきます^^

私も箱○のオブリビオンを最近買ったんですね。買うタイミング、メチャクチャ遅れてますが…w

今の私の進展具合は日記を読む限りむさしさんとほぼ同じです。むさしさん結構プレイされてます?俺は眠気なんかが起こらないぐらいにプレイしてますw

Anvilの家w
俺も買ったんだけど「正直こんなとこ住めません、ごめんなさい」状態です。
むさしさんと同様地下にオッサンが転がってんですわ。
えぇ。今でも。
いくら地上が明るくとも地下への扉がある以上この家には住めません。

ぼろくても俺の住む家はインペリアルシティの小屋です。
宝石が散りばめられています(発掘したアイテムを放り投げているだけ、とも言う)
2006-08-15 Tue 11:32 | URL | ddpp #-[ 内容変更]
今度は家ですかw
ついに家ですか!
しかし、何処でも何時でも戦いと笑いが起こりますねぇ、むさしさんw
多少の問題は残りつつも、拠点を構えた事でアイテム類の蓄財もしやすくなるでしょうから、より冒険しやすくなりますね。
僕の方も、装備の充実を図るべく野盗狩り&追いはぎで資金稼ぎの真っ最中ですw
釣りクエストをこなして水中で呼吸出来る指輪もGETしたので、地下遺跡の探検が随分楽になりました。
ただ、myキャラのvansanは全身鉄装備なので、どうしても持てる重量に制限が…頑張って筋力を上げなければ。
2006-08-15 Tue 13:51 | URL | 丸投堂 #07.xb34Y[ 内容変更]
レスです
>>ddppさん
初書き込みありがとうございます。
私はボチボチ進めております。
時間にして現在50時間ってとこですか・・・
それでまだ序盤なんだから・・・
先は長いですねぇ。

アンヴィルの家、
むさしさんは結構気に入ってるみたいですよ。
友人を招待しても、地下に入れなければいい、
そうおっしゃってますw
今後も宜しくお願いします^^

>>丸投堂さん
むさしさん自体は笑いを起こすつもりはないんですが・・
非常に哀れですなぁ・・(;´Д`)
でも、それが彼の魅力なんで、いいか(;´Д`)

むさしさんも鉄みたいなもんなんで、
重くて仕方ないと嘆いておりますよ。
2006-08-16 Wed 09:19 | URL | むさし屋 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| むさしの冒険記 + むさし課長日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。