OBLIVIONの世界(とか、世紀末とか)を中心に、『むさし』が旅します。そこで手に入れるのは、名声か、職業か、・・はたまた。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
業務5:課長パンチ
2009-02-12 Thu 19:00
注:本記事はサブクエスト攻略の為、ネタバレを含みます。ご注意下さい。





あなた、私の書く本の取材、手伝ってもらえない?!

DSCF7724.jpg





この女は、モイラと言った。

メガトンに住む、雑貨屋の店主だ。




どうやら、課長の百戦錬磨な雰囲気(何が百戦錬磨かは不明)に、

メロメロになったのかとも思ったが、

今までも複数の連中にバイトを依頼し、

そしてそれらの全ては、失敗に終わったようだった。




う~む・・どうしますかねぇ・・・この不況ですから、断れないですかねぇ・・




でも・・・・




課長は本来であれば断りたかった。




なぜなら、モイラは・・・



DSCF8025.jpg



荒廃した世界は、女性の美すら奪う。

そういうものなのだ。厳しい。




課長は、ヒゲ女性を上司に迎え、新たな仕事に励むことになったのだった。










ヒゲの依頼1:スーパーマーケットに行ってこい





なにやら、スーパーマーケットの状況を調べて来て欲しいとのことだった。

可能であれば、まだ残っているであろう、医療品も調達してきてほしい、と。




お安い御用ですねぇ。




課長は、言った。

課長の頭の中には、

マツモトキヨシみたいなところで店員から薬を買うシーンがよぎっていた。









相変わらず世界の状況が飲み込めていない男であった。








そんなこんなでスーパーマーケットへとやってきた課長だったが。。。


DSCF7824.jpg

















DSCF7752.jpg

そこは、ならず者の巣窟だった。




な、なんか手に持ってる。



課長は、身を潜めながら周囲を確認し、

遠くに見えるレイダーと呼ばれるならず者の影をしっかりと目にとめた。




むさし課長は、物音を立てないように注意をしながら、

建物の奥へと、忍び込んでいった。




途中、

DSCF7755.jpg

磔にされた死体などに、低くウヒィなどと声を上げたが

幸い、レイダー達に気付かれることはなく、一番奥の部屋へとたどり着いた。

DSCF7759.jpg





そこには、

DSCF7762.jpg

一台のPCと

DSCF7760.jpg

一台のロボットがあった。





こ・・・これは・・・。

DSCF7757_20090212112619.jpg




課長は思った。






このPCはきっと、ロボットの起動用端末だ。



ロボットは故障していないようだ。



ロボットは警備用のようだ。



起動する。



レイダー達を排除させる。



ウマー ( ゚Д゚)グラッチェ









・・・・




むさし課長の予想は、ほぼ当たっていた。

起動されたロボットは、

レイダー達を一掃した。



その次に、むさし課長が一掃されはじめたことだけが誤算だった。






恐怖の殺戮マシーンと化した警備ロボ、プロテクトロンは、

DSCF7831.jpg

暗闇の中をゆっくりと課長に近づきながらこう言った。





安全が確保されるまで、エリアから避難してください

DSCF78331.jpg






・・・と同時に、レーザーをぶっ放してきた。

DSCF7832.jpg

予想外の痛みに、涙目になる課長。




うっひゃぁあぁぁぁぁぁぁあうぁぁぁうぷぷdfさふぁsがああsdふぁ!!!!!!

DSCF7828.jpg



背中に熱いものを浴びながら、むさしさんはダッシュで逃げ出したのだった。














ふぅふぅ・・・・まいりましたね。

DSCF7826.jpg

努めて冷静に、課長は呟いた。

とんでもない事態になってしまった・・・

まったくあのモイラとかいう女は、なんて酷いやつだ。


むさし課長は自らの境遇を嘆いた。

が、

そもそもの原因を起動したのは彼自身だ。







いや、そうじゃない。

課長は、筆者に対して反論した。




そもそも考えてみて欲しい。

あの場所にはレイダーがいた。

私が見積もっただけでも、5人は確実に居た。

奥にはもっと潜んでいたかもしれない。

そこで、1人1人を片づけていくリスク管理をし、

その上で工数を山積みして・・ブツブツ・・。




彼は根っからのリーマンブラザーズであった。







実はそんな課長、かつてはボクシングをやっていた。

通信教育で。

腕には多少の自信がある。




彼は、その辺で死んでたレイダーからメリケンサックをむしり取ると

両手にはめて一言呟いた。

懲らしめて・・・やりましょうか・・。






ついに我々は、課長の本気を見ることができるのだろうか。












再び侵入したスーパー。



そこには、先ほどと同じように警戒レベルMAXなロボが待ち受けていた。

DSCF7834.jpg

既に殺人アイは課長を捕らえ、今にもレーザーをぶっ放しそうである。

まさに、

キラーマシンであり

スーパーストロングマシンであり

ストロング金剛であり、

金剛地武志といった感じである。






しかし、課長も風格では負けていない。

DSCF7850.jpg


低く構えたその姿勢は、高速の拳が繰り出されるのであろうか。

DSCF7835.jpg





ヒュッ。。




一瞬だった。




むさし課長の手元で、風を切る音がしたと思った瞬間、





ヴ・・・・

DSCF7846.jpg


ぼぱーん

DSCF7847.jpg



・・・ヴ・・・ヴヴ・・・・

DSCF7848.jpg





はぁ・・・はぁ・・・

DSCF7838.jpg




なんとか、、決まりましたね。パンチ。。。




なんということだろう、この男、グーでロボをやっつけてしまった。

意外に強いのか、課長?!




・・・と思ったら、

くぬやろ、くぬやろ!

DSCF7839.jpg

壊れたロボを延々と殴っていた。



やはり小せぇ男だった。














かくして、モイラ最初の依頼は、なんとかこなせた課長であったが、

今まで中間管理職だった男に、実務を続けることは出来るのだろうか。



                                             おわり
スポンサーサイト
別窓 | むさし課長 | コメント:4 | トラックバック:0
<<雑談:カウンターぶっ壊れた | むさしの冒険記 + むさし課長日誌 | 雑談:ULCPC購入>>
この記事のコメント
かっけw
課長かっけw

と思った矢先

ちっせw
2009-02-12 Thu 21:16 | URL | 細胞的 #-[ 内容変更]
>>細胞的さん
課長は、あくまで中間管理職なのです。

あまり大きなヤツだと、
部長になってしまうので。

あくまで課長なのです。
2009-02-13 Fri 17:12 | URL | むさし屋 #-[ 内容変更]
頼れるのは・・
ヒゲ女は見た目からして不潔そうですねww
むさし課長、拳強いw
「頼れるのは、己の拳だけだ!」とむさし課長に言ってもらいたいです。
2009-02-13 Fri 22:05 | URL | x360 #-[ 内容変更]
>>x360さん
ヒゲは、Falloutの世界の象徴というか、
凝縮され具現化されたものというか、
カオスというか花王というか、
まぁそんなモノですね。

課長のこぶしは、19年間きたえあげられたものですから、
19だったら課長も何も、平っちゅーか仕事やってんの?
という感じですが
そんなこんなで鍛え上げられているので、
意外に強いのです。ちいせぇですが。色々と。

あと、課長が頼っているのはこぶしではなく
残り少ない髪の毛です。
2009-02-14 Sat 07:49 | URL | むさし屋 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| むさしの冒険記 + むさし課長日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。