OBLIVIONの世界(とか、世紀末とか)を中心に、『むさし』が旅します。そこで手に入れるのは、名声か、職業か、・・はたまた。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
冒険記9:初めての異界 前編
2006-08-06 Sun 00:00
注:本記事はメインクエスト攻略の為、ネタバレを含みます。ご注意下さい。

2006_08040002.jpg


俺は、オブリビョンゲートの前に立っていた。

なんだろう、この吸い込まれそうになる違和感は。

自然と鼻の上に皺がよる。気持ち悪い。


しかし、もうここまできて後には引けない。

後ろから警備兵達の熱い視線を感じるからだ。

やっぱやーめた!などと言おうものなら、

オブリビョンゲートに入る前に俺の命は無いだろう。


俺は、オブリビョンゲートへ、手を伸ばした。




瞬間、目の前に広がっていたオブリビョンゲート、

そしてその後ろにあったはずの真っ赤に染まったクヴァッチの町は消え、

・・・異世界・・としか言えない世界が、俺を包んでいた。


2006_08040008.jpg



・・・これが・・、オブリビョンか・・

思わず息を呑む。



冷静に辺りを見回すと、一人の兵士が怪物と戦っていた。

どうやら先遣隊として中にはいっていたようだ。

2006_08040003.jpg


怪物は俺も標的にしたようだ。

降りかかる火の粉は払わなければならない。

結果的に、俺は兵士と協力して、怪物を退治したのだった。

足元に転がった怪物、スカンプの死体は、

2006_08040007.jpg


近くにあった丸焦げの死体と、どこか似ていた。

2006_08040006.jpg


誰だか知らんが、丸焦げの死体よ、敵は撃ったぞ。



俺が丸焦げとスカンプを交互に見ていると、

兵士が声を掛けてきた。

2006_08040005.jpg


木の陰からかよ、失礼な奴だ。

奴はこっちの不快そうな顔も気にせず、

淡々と俺に助けを求めてきた。助けを求めるならもっと必死になれよ。

どうやら、向こうに見える塔に仲間が居るらしい。

わかった、わかったからそんな無表情で俺に助けを求めるな。

お前は外に出てマーチン(注:皇帝の忘れ形見)でも助けに行っとけ。



兵士は『了解』と言うと、さっさとオブリビョンゲートに駆け込んで消えていった。

さっぱりした奴だ。まぁいい、足手まといになられるよりは、な。



むさしさんはこのとき、強がりで足手まといなどと言ったが、

『俺と一緒にきてくれ』と言えば、ついてきてくれたことを知らない。




さ、兵士も去った事だし、塔へ向かうか・・・。



むさしさんは荒廃したこの世界で、移動を始めた。

途中、いくつかこの世界でしか見たことの無い草を見つけた。

2006_08040009.jpg


真っ赤な草だ。触ると指が切れそうだ。


これは、普通の花か?

2006_08040013.jpg


と思って触ったら

2006_08040012.jpg


なんか臭そうなガスが出た。



この世界では見た目が違うとはいえ、

草もあり、花もある。

当然だが、この世界で怪物達は育って生きてきたんだろう。

どういう進化を遂げたのか、興味深いな・・


などと、実は全く興味ないのだが、頭が良さそうに見えるので考えてみた。


むさしさんはブツブツと呟きながら下を向いていると、

少し前に棒が立っている事に気が付いた。

顔を上げると、門であることがわかった。

2006_08040010.jpg


ん・・・・?何かぶら下がってるな・・・

2006_08040011.jpg


ギィヤァァァ!!

むさしさんはぶら下がった死体を見て思わず叫びごえを上げた。

正直、そのむさしさんの方が怖かった。






そんな小市民むさしさんと、

今回主役の座を争うライバル関係になる怪物が、彼。

2006_08040014.jpg


『どうだ』とばかりに手を広げて筆者のシャッターの前に立つほど態度がでかい

エリマキトカゲみたいな彼。名前は知りません。

奴は最初の兵士との戦いでも、兵士の写真を撮ろうとする筆者の邪魔をし、

2006_08040004.jpg


兵士の前に立ち体をいっぱいに使ってフレームに入らせようとしませんでした。

んで、兵士が取れたと思った写真にも、

2006_08040003.jpg


明らかに見切れてる。

主役DSCF2009_t.jpg


のお株を奪う写真の写り方に正直脱帽します。








むさしさんはハングドマン・ゲート(勝手に命名)を通過し

その後も色々なものに怯えながら先に進んでいた。


すると、丘の上になにやらうごめく物を発見。

2006_08040016.jpg


なんだあれ? 

むさしさんは目を凝らして凝視してみた。

2006_08040017.jpg


か、かっけえええええ!なんかオーラ出てる!

思わず叫んだむさしさん。



オーラなんか出してるキャラが居たらヤバイ。

明らかに主役の座が危ういと考えた彼は、

2006_08040018.jpg


1敵キャラとガチンコ激戦。

からくも勝利し、なんとか主役の座を確保したのだった。






そして・・・・その戦いの後、

振り向いたむさしさんの視界に入ったのは巨大な塔。

2006_08040015.jpg


ついにたどり着いた、塔の入り口。


むさしさんは無事生き残れるのか。

そして、次回も主役で居られるのか。



後編へ続く。
スポンサーサイト
別窓 | 冒険記 | コメント:2 | トラックバック:0
<<冒険記10:初めての異界 後編 | むさしの冒険記 + むさし課長日誌 | 冒険記8:★★★と禍々しい扉>>
この記事のコメント
笑ったw
初めまして、丸投堂と申します。オブリビオンwikiから飛んで来ました。
色々なサイトやwikiを見たりしている内に、僕もオブリビオンをプレイしたくなって、この度Xbox360の本体共々購入する事にしましたw
ソフトの方はアジア版を31日に注文、本体は昨日買いました…ソフト、未だ音沙汰なしorz

まず、むさしさんのキャラメイクで爆笑しました。
こんな挙動不審顔の豹、見たこと無いw
コメントも楽しくて、冒険記9まで一気に読みました。やっぱり、同じプレイ日記でも写真があると臨場感が増しますね。
ロックスターから変態(?)経由で黄金戦士へと至る経緯も面白かったです。
これからも、楽しみにしていますので頑張って下さい。
2006-08-07 Mon 09:51 | URL | 丸投堂 #07.xb34Y[ 内容変更]
>>丸投堂さん
書き込みありがとうございます。
360本体ご購入おめでとうございます!
オブリビョン以外にも楽しいソフトが沢山ありますので、
ゲーム好きならすぐに元をとった気分になれますよ^^

色んなプレイ日記サイトで
購入者が出るのはとても嬉しいことだと
管理人の方は皆思ってるでしょう。もちろん私もです。
ここはまだ公開したばかりで新米ですが、
これからも少しでも楽しさが伝わるように
頑張っていきますので、よろしくお願いしますね!!

ちなみに、次回は装備でまた一つお話が・・・。
お楽しみに!
2006-08-07 Mon 12:27 | URL | むさし屋 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| むさしの冒険記 + むさし課長日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。