OBLIVIONの世界(とか、世紀末とか)を中心に、『むさし』が旅します。そこで手に入れるのは、名声か、職業か、・・はたまた。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
第二部12:妖精降臨
2007-10-16 Tue 12:00
むさしさんはその日、

見晴らしの良い山の上に居た。

DSCF5356.jpg


高台から周りを眺め、今日の獲物を探しているのだ。

むさしさん、もう自分の記憶探しはどうでもいいのか、

とりあえずは、なんか良い物を捜す冒険に明け暮れているのだった。



お、あっちに何かあるかな?

DSCF5357.jpg


筆者には見えないが、むさしさんは何か見つけたらしい。

一気に山を駆け下りると、あっという間に目的の物の前に移動したむさしさん。

DSCF5358.jpg


それは、切り立った山々の中腹にそびえる、朽ち果てた遺跡だった。



さ、ここでも、何か一つくらい良い物を見つけないとな。



そう呟いて、むさしさんは重い石の扉を開くのだった。。。






DSCF5359.jpg



むさしさんの想像通り、中は薄暗く、ジメジメとしていた。

この空気感から言って、きっとここは人ならぬ者の住処だろう。


・・・と、その瞬間!



ギシャァアアア!


暗闇を引き裂いて、何者かがむさしさんを襲った!

DSCF5360.jpg






おぶぇ('A`)





むさしさんは一撃目を思いっきり食らってしまい、

『耳そげるかとオモタ。』(本人談)

らしい。

が、そこはむさしさん、軽やかに身を翻すと、

敵に背を向け一目散に階段の上まで駆け上がり、

そして上から火の玉!火の玉!



・・・哀れ影はむさしさんに敗北したのだった。

DSCF5361.jpg



どうやらこの遺跡は吸血鬼の住処らしかった。

階段でぐったりしているこいつが吸血鬼であり、

そして、その後襲ってきたのも吸血鬼であったから。

DSCF5362.jpg


ただ、コイツは普通の吸血鬼ではなかった。

DSCF5363.jpg


吸血鬼の軽業師

種族が吸血鬼であり、職業は軽業師なのであろう。

ただ、吸血鬼とは血を吸われてなるものであり、

吸血鬼となってしまった後には、

基本、血を求める悪鬼となるだけである。

そこで、・・というか、その世界にあって、

軽業師とあえて名乗ったこの男。

吸血鬼となった後、軽業師を目指し生きてきたのなら、

なんという道外者であり、

そしてなんという強靱な精神の持ち主であろうか。

あれか?花の慶次でいう、かぶき者ってやつか?!そうなのか?!

むさしさんは最盛期のジャンプを思い出し、少し感慨深くなった。




しかし、いくらかぶいたところで、

あくまでこの吸血鬼はむさしさんに倒されるだけのザコキャラだった。




そんなかぶき者退治 むさしさん、

闇の中に・・深く・・深く下っていく階段を

とてもイヤそうな顔で進む。

DSCF5364.jpg





深く暗い闇の中、ここでむさしさんは重大な転機を迎えるのであった。。。











暗闇の中でかすかに揺れる蝋燭のように、

その部屋はひっそりと佇んでいた。


ゆっくりと足を踏み入れたむさしさんは、

そこで奇妙な光景を目にした。



DSCF5365.jpg




何者であろうか。

骸が石の祭壇の上に横たわり、

そして、その傍らには、金色に輝く一つの冑が・・。


DSCF5366.jpg



と・・その時!

むさしさんの頭に何者かの声が響いた。

これは・・妖精の冑・・・・さあ・・手に取るのだ・・・



妖精の冑?!



あれか?

30歳までどうt(ry だったらなれるって噂のアレか?!

むしろ、なりたくないぞ妖精さんには!!!




しかし、むさしさんの恐怖と体は別のものになったかのように、

手はゆっくりと冑をとり、そして、頭の上へとかぶせるように動いた。。。



こうして、

どうt(ry いや、妖精むさしさんが誕生した。

DSCF5367.jpg





そうか、、思えばあんたもずーっと どうt(ry いや、妖精さんとして生きてきたのかもな。

DSCF5368.jpg


わかった、俺はあんたの遺志を継ぐよ。・・・しばらくな。とりあえずしばらくな。




なにやら、骸を見て納得しているむさしさんだったが、

どう考えても呪いで思考回路が停止していると筆者は思った。



そして、むさしさんのかぶった冑の後ろに小さな文字で、

儀式用と書いてあることも筆者は見逃さなかった。


もちろん、防御力は1である。




こうして、かわいそうなむさしさんは呪いの防具によって

どうt(ry いや、 妖精さんとなったのだった。










筆者は、

妖精むさしさんの湧き上がる性よk(ry もとい情熱を、

一枚の写真におさめることに成功した。

それがこれである。

DSCF5370.jpg





・・・なんか書いてる自分が馬鹿な気がしてきたが、

あえてもう何も考えまい。









ところで妖精となったむさしさんはその後、

この遺跡の最深部にて、渇きの王なる人物に遭遇。

DSCF5373.jpg



そして撃退。

DSCF5375.jpg





もはや妖精となったむさしさんに敵はないのかもしれない・・・

彼は、人にそう思わせるような顔をしていた。



DSCF5377.jpg





そして、

彼は渇きの王から王族のみ着れるっぽい服をちょうだいし、

DSCF5381.jpg



遺跡を脱出したのだった。

DSCF5384.jpg





ふぅ・・・朝焼けがまぶしいぜ・・。

DSCF5382.jpg




朝もやかかる帝都を見つめ、妖精むさしさんは次の冒険へと思いを馳せるのだった。

スポンサーサイト
別窓 | 冒険記 | コメント:5 | トラックバック:0
<<第二部13:人違い | むさしの冒険記 + むさし課長日誌 | 第二部11:激痛>>
この記事のコメント
妖精かぁ。魅力的だなぁ。。(なぬっ!


軽業の吸血鬼は面白いですねー
生き血を求めながら軽業の特訓をしたという新手ならば、ここで殺されたのが少し名残惜しかったり^^;

でもむさしさんはそうして、何人もの悪い夢(?)から開放させてやるという冒険が魅力なんですよねー!!






・・・ただの人殺しかもしれませんが;;
2007-10-17 Wed 00:38 | URL | mon #duASMvWs[ 内容変更]
遺跡に入った時と出てきた時の格好が違いすぎてうけたw
2007-10-17 Wed 18:17 | URL | きゆつ #-[ 内容変更]
>>レスです
>>monさん
妖精の冑は見た目的にはかなり魅力的ですね。
あくまで装飾品の位置づけみたいで、
1回の戦闘で防御力が0になりますが。

そのうちいいものがみつかるまで、
当分あれを装備し続けようかとおもってるようです、彼。

ところでmonさんは相変わらず海外のゲームを物色されているようで。
オレンジボックスは買わないのでしょうかね~?
気になってます。

>>きゆつさん
今回のむさしさんはお洒落でしょ?
あの赤い服がなんともいえません。
アレを動かしてるだけで笑えてきます。
2007-10-17 Wed 21:42 | URL | むさし屋 #-[ 内容変更]
妖精の兜ほしいなぁ・・・どこでゲットできるんだ・・・・
2007-10-30 Tue 02:01 | URL | ユー #-[ 内容変更]
>>ユーさん
書き込みありがとうございます。
妖精のかぶとは、
たしか、北西の山岳地帯にあったと思うのですが・・
調べたら、またお教えしますね。
がんばって探索してください(ぉ
2007-11-04 Sun 09:51 | URL | むさし屋 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| むさしの冒険記 + むさし課長日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。