OBLIVIONの世界(とか、世紀末とか)を中心に、『むさし』が旅します。そこで手に入れるのは、名声か、職業か、・・はたまた。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
業務8:変異
2009-03-03 Tue 12:30
放射能によって、身体が変化してしまう。



そんな、恐ろしいことが実際に起こるのであろうか。




とある文献によれば、

微量な放射能によって、細胞は破壊された場合、

破壊された細胞の原子(の電子)が他の細胞のそれとぶつかって

新たな破壊の連鎖を生み、結果、癌になるという。





ただし、これはあくまで我々が今まで生きてきた中での

データの統計に過ぎない。



もし、更に何かの要因が重なった場合、

細胞が変化を遂げ、

そして、細胞の破壊が止まる、、、なんてことが起こりうるのかもしれない。




また、強力な放射能を浴びた場合は、多くの場合死に至る訳であるが、

それに対抗する身体を持つものが、新たに生まれるかもしれない。



今までの地球の環境に適応した身体を人間が持つ為に、

それまで培ってきた『常識』というものが存在するだけであって、

『常識』が通用しない場合、

その『常識』に捕らわれることは、リスクなのではないだろうか。







柔軟な考え方をすべし。

そうすれば、常識を覆すような何かを、つかむことが出来るだろう。










では、改めて自分に問おう。










DSCF7978.jpg

ど う や っ て コ イ ツ か ら 逃 げ よ う 。 。 。








課長メモ







                              ガリ勉課長は、今日も必死に生きている。



スポンサーサイト
別窓 | 冒険記 | コメント:11 | トラックバック:0
| むさしの冒険記 + むさし課長日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。