OBLIVIONの世界(とか、世紀末とか)を中心に、『むさし』が旅します。そこで手に入れるのは、名声か、職業か、・・はたまた。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
CASE4:とある依頼
2007-11-30 Fri 00:00
その日、リコはとある依頼を受けるため、

ヘリを操縦していた。

DSCF5715.jpg



この島の各地に散らばるゲリラは、

政府を倒すために、それぞれが連絡を取り合いながら、

政府支配下の街と小競り合いを繰り返している。



今日は、そのなかの一つから依頼を受け、

その場に向かっているところなのだ。









そして、しばらくの飛行ののち、目的地に着き

依頼主に会うことができた。






DSCF5718.jpg


えらく顔つきがシブイ。

さすがゲリラ。一般人とは格が違う。




ゲリラ曰く、

このそばにある政府支配下の街を開放したい

ということだ。




うーむ、、

いま、このタイミングで、この戦力で

仕掛けるべきか・・。



リコは少し悩んだ。




そのときだった。




パン。

DSCF5720.jpg


ブシュー。



血飛沫が舞った。





リコを警察の弾丸が襲ったのだ。





チッ。。。イテェな。




この弾丸が、リコの選択を決定した。




リコは速やかにヘリに飛び乗ると、

DSCF5726.jpg





ゆっくりと、トリガを引く指に力を込めた。

DSCF5730.jpg








エージェント・リコ、降りかかる火の粉は全力で排除する男。




彼のその熱すぎる魂は、

開放すべき街を崩壊させていくのだった。

DSCF5732.jpg
















気づけば既に日は暮れ、辺りは闇に包まれていた。



DSCF5735.jpg



よし、家に帰る時間だ!



リコは、極力夜は寝ることに決めている。



家があるのか?とか、

CIAの活動は夜しろよ?




とか、そういう質問は一切受け付けない。



なぜなら彼はリコ・ロドリゲス。

魂の熱い男に理由はいらない。




彼は、この街に住む悪党をサクッと殺ると、


そいつの車に駆け寄り、


DSCF5739.jpg



そして飛び乗った。


DSCF5740.jpg



決して家に帰るために悪党を殺したのではない。

それだけは彼の名誉のために言っておく。








リコは思いっきりアクセルを踏んだ!





すると、




バキィ!

DSCF5742.jpg


全力でバックした。



しかし、それくらいで止まるリコではない。

なぜなら彼はCIAだからだ。

DSCF5741.jpg




彼は走る!


DSCF5743.jpg



走る!



DSCF5744.jpg




走る・・!



DSCF5745.jpg




・・走る・・・。



DSCF5746.jpg




・・・はしr・・あ。



DSCF5747.jpg
















エージェント・リコ、暴走する男。



彼の免許証の色はブルーだ。


スポンサーサイト
別窓 | JUST CAUSE | コメント:3 | トラックバック:0
第二部17:悪魔
2007-11-26 Mon 00:09
注:本記事はサブクエスト攻略の為、ネタバレを含みます。ご注意下さい。







DSCF5471.jpg



う~ん、・・・雪舟だねぇ・・



DSCF5472.jpg




などと、他人の家に上がりこんで知りもしない絵の批評をしているむさしさん。



彼は、なぜこんなところにいるのだろうか。





それは・・・










夫を・・・夫を助けてください!

DSCF5470.jpg




ここは、シェイディンハルという街にある、とある画家の屋敷。


その画家本人が行方不明だといううわさを聞きつけ、


少し様子見で家に伺ったところ、


研ナオコ系の嫁にすごい剣幕で迫られてるというわけだ。







ナオコによれば、旦那は自分の書いた絵の中に取り込まれてしまったらしい。

そしてその絵がコレである。

DSCF5474.jpg


見事な風景画・・・ではある。

鑑定団ならばそこそこの値段がつくかもしれない。




しかしここはオブリビオン。

DSCF5478.jpg


・・・・この絵の中に入る・・の・・。

いやだなぁ・・ぁ?・・・ぁぁぁあああああああぁぁぁぁ?!!!??


















・・・あ~あ・・・・来ちゃった。。。。

DSCF5481.jpg





そんな、明らかにイヤそうな顔をしている

むさしさんの前に現れたのは・・・





馬鹿やらかしてスマンカッタ。

DSCF5479.jpg


大真面目な顔をしたこの男、こいつが元凶であり馬鹿だ。





馬鹿曰く、

こんなことが出来るのは、絵筆のおかげらしい。

絵から出るのもその絵筆がいる。

そして、その大切な絵筆を絵の中で盗賊に盗まれ、

その盗賊は怪物に殺られちまった、と。




そして馬鹿は、それだけ言うと最後に、

取り返してきてくれたら、家に帰してやる。

などと、悪魔のようなことをのたまって

去っていった。

DSCF5480.jpg






空が・・・青いなぁ・・・。

DSCF5482.jpg


思わずむさしさんは、遠い目をしてしまった。

その目には涙が溜まっていた。





あ!

そうだ!



とりあえず端っこまで行けばどうにかなるんじゃね?!







DSCF5485.jpg




・・なるわけない・・か。。。



DSCF5486.jpg


またもむさしさん涙目。







・・・というわけで、

悪魔の言うとおり、

盗賊の死体から絵筆をゲットするしかなくなったむさしさん。




ふ・・ふぅ・・・。

よし、、い・・いくか。。。


DSCF5492.jpg




はぁ・・はぁ・・・

ふ・・ふふふ・・・行ける・・・俺は行ける・・・。

DSCF5488.jpg



ザクッ!



イテェええええええええええええええ!!!!!!!



こいつは強い!

むさしさんは背中の痛みで直感した。





にーげろーーーー!!!!!




DSCF5490.jpg


むさしさんはダッシュで逃亡した。



そして、たまたま逃亡先にアレが見えた。

DSCF5496.jpg



あれが・・・盗賊か!



むさしさんはさらにダッシュした。

DSCF5497.jpg





盗賊の前まで走ると、高速で懐をまさぐって筆ゲトー!




とっっったどーーーーー!!!

DSCF5494.jpg




浜口むさしさんはその後、背中に死を引き連れながら、

大逃亡劇を繰り広げたのだった。








遅かったな豹よ。


悪魔はそう言いながら、空中に筆を走らせた。


DSCF5498.jpg





つ・・・疲れた。。。

DSCF5500.jpg





こうして、むさしさんの旅は終わったかに思えたのだが・・。









無事、現世へと帰ってきたむさしさん。

ナオコに

あなたにお礼を持ってきますから、ちょっとそこで待っていて

と言われ、しばし居間にて待機していたのだったが、

DSCF5504.jpg





はい、じゃあこれ着て。




え?

DSCF5505.jpg


買い物行って来てね、んで、その後掃除ね。















・・・その後、


しばらくの間、


シェイディンハルにて


召使いとして働く


むさしさんの姿が


見られたという。




DSCF5508.jpg


だーんーなーさーまー!

今日はー魚をーさばきますからねーーーーーー!




    
                                         END

別窓 | 冒険記 | コメント:13 | トラックバック:0
雑談:XBOXオフィシャルファンサイト
2007-11-23 Fri 18:46
ども、むさし屋です。


今日はちょっとしたご報告を。




先日、公式サイトで見つけたこんな記事。

Xbox 360 ファンサイト プログラムがリニューアル!




XBOX360を盛り上げるため(?)

マイクロソフトでは

公認の、ファンサイトなるものを設定しています。



その存在は知っていたのですが、

どうやら今回、リニューアルするらしい。


んで、再度、募集をするということなんで、

試しに当ブログも応募してみようと。




カテゴリが幾つかありましたが、

ilmfansite.jpg


当然ながら、該当するのは

その他、プレイ日記しかない。



その他、、というのが少々気にはなりますが、しかたありません。




ということで、応募したのが9月。



んで、3日ほど前に、

きました、認定メールが。



多数の応募のなか、厳しい選定を勝ち残った

らしいです。むさしさんが。




ふはははぁ、マイクロソフトめ、私の価値がやっとわかったか!

DSCF5315_1.jpg





マイクロソフト『なめてっと却下するぞコラ』






すんませんすんません、ごめんなさいもういいません。

2006_08140033__tt.jpg






ということで、相変わらず弱気なむさしさんですが、

ファンサイトに認定されたみたいなんで、

これからはマイクロソフトにたてつけません。

むさしさんは。




長いものには巻かれなければ生きていけないこの世界オブリビオンの世界。





多分認定されたからといって何も変わらない当ブログですが、

皆さんも変わらず足を運んでいただければ幸いです。




正式発表はもうしばらくかかるそうですが、

そのときリストに名前がなければ壮大なマイクロソフトの釣りなんで、

それならそれでもう一本記事が書ける



さてさて、どうなることやら。
別窓 | 雑談 | コメント:5 | トラックバック:0
CASE3:危機一髪
2007-11-21 Wed 23:23
その日、リコは海岸にたたずんでいた。

DSCF5686.jpg





日ごろ、訓練を忘れない彼だが、

DSCF5685.jpg




そのときは、わずかな休みの時間を満喫していた。

DSCF5689.jpg




もちろん、服のまま水につかることもいとわない。

DSCF5687.jpg




なぜなら彼はエージェント。

服を脱いでいる間にも彼に危機は迫るのだ。





危険に身をさらす男、リコ。




今日、そんな彼の前に現れたのは、

一隻の船だった。



その船は、

ほのかに煙をあげていた。

DSCF5690.jpg





明らかに危険な香りのするその船。




しかし!




彼は危険などいとわない。




なぜ?




そう彼に問うた場合、こう答えるだろう。





ラテンの血が熱いからだ。

DSCF5695.jpg





彼は、海上の人となった。







彼は、右へ、

DSCF5699.jpg




左へ、

DSCF5697.jpg




エメラルドグリーンの海を颯爽と進む。

DSCF5698.jpg




そして、

DSCF5712.jpg




最大にスピードが乗ったときに、

DSCF5713.jpg




空へと身をゆだねるのだった。

DSCF5714.jpg





・・・



・・・彼は、


十分な高さから舞い降り、


そして、ゆっくりと着水するのだった。





・・・ま、

その後、船まで戻るのが、ちょっと間抜けなんだがな・・・

DSCF5703.jpg





と、ぼやきながら泳いで船へと戻ろうとするリコだったが・・・






プシュルルルルー

DSCF5706.jpg



ドーン!

DSCF5708.jpg





はじけ飛ぶかのような轟音とともに、彼の視界は揺れた!





そして・・・


DSCF5704.jpg


( ゚д゚)ポカーン






シュウシュウと音を立てて沈んでいく船。



さすがのリコでも( ゚д゚)ポカーンである。




どうやらこの船は、軍から狙われている金持ちのものだったらしい。

いや、狙われているというよりは、

ただのヘリの的 -遊びとしての- だったようだ。





ち・・仕方ない。

しょうがなくリコは、遠く離れた陸へと戻るため、

先ほどチラリと見えた

DSCF57031.jpg




船頭が居るかのような船を拝借し

DSCF5710.jpg



演歌の似合いそうなその船の上で、ラテンな曲を口ずさみながら、

次の標的へと向かうのであった。





エージェント・リコ、危険を顧みぬ男。

彼の視線の先には常に死神が舞う。













その後たびたび、

船に乗っては空へと飛び立つ彼が目撃された。




ある目撃者によれば、

DSCF5693.jpg




こんな光景を、

DSCF5700.jpg




みたことがある ということらしいが、

DSCF5702.jpg




それが、運転に失敗したのか、

マジで上陸しようとしたのかは定かでない。

別窓 | JUST CAUSE | コメント:2 | トラックバック:0
第二部16:あいたたー
2007-11-18 Sun 00:00


ある日、むさしさんが

スキングラードの近くを歩いているときのことだった。







げぇ!!


DSCF5463.jpg








彼は奇妙な声を上げて驚いた。









DSCF5461.jpg


股が裂けているゴブリンがそこに居た。






・・・これは、、痛い。

DSCF5462.jpg





むさしさんは自分の股間を押さえつつ、旅を続けるのだった。





                            おしまい

別窓 | 冒険記 | コメント:6 | トラックバック:0
CASE2:橋の上の死闘
2007-11-17 Sat 01:03
その日、リコはバイクを駆って疾走していた。


DSCF5661.jpg



エージェント リコ・ロドリゲス、

彼の目的は、、、




目的? それはな、、この国の独裁政権を倒すことだ。







そう、彼の目的は、

この国の独裁政権を転覆させること。





その方法は、反政府ゲリラを手助けし、

また別の組織・・政府に敵対する麻薬カルテルにも繋がりを作ることで、




政府の支配を弱め、、そして最後には・・。









もうすでにリコはこの島に来てから、

反政府ゲリラのリーダーを監獄から脱出させるという

ミッションをこなしている。






そして、現在は、次のミッションを行う為に英気を養っている最中だ。





・・と、

先ほどまでバイクを走らせていたリコが、

バイクを止めた。

DSCF5662.jpg




ふぅ・・・いー眺めだ。



リコはそう呟くと、おもむろにバイクをおり、

DSCF5663.jpg




そして、橋から飛び降りた!

DSCF5681.jpg



感情のままに動く男、リコ。

彼にはラテンの血が流れている。




そのまま海水へ・・・かと思いきや、

そこはエージェント、にくい演出。

水面に反射する光を十分に堪能。

DSCF5664.jpg




そして、、着水。

DSCF5666.jpg


水中も十分に綺麗なのだが、

それをこの写真からは伝えられないのがもどかしい。




彼はその後、水面へと顔を出し、

DSCF5667.jpg





ひとしきりビーチを堪能した後、橋の上へと戻るため、

坂を上り始めたのだった。










橋の上へと戻ってみると、なにやら騒がしい。





見れば、警察車両と、麻薬組織の関係者と思われる車両が

事故を起こしてとまっている。

DSCF5668.jpg


警察が強引にとめたのであろうか。





そこにちょうど居合わせることになってしまったリコ。



彼は、、

DSCF5669.jpg





何を思ったか・・

DSCF5671.jpg




車を奪って、アクセル全開でバックをし、、、

DSCF5673.jpg





その後、前へと全開で発進。

DSCF5674.jpg








・・・そして・・・・

DSCF5675.jpg








・・・・・・






DSCF5676.jpg






・・げ・・激情の男、リコ。

彼のラテンの血は一般人よりも熱い。




その後、

(なぜか)警察と麻薬組織の男たちは抗争を始めた。





それを尻目に爽やかにその場を去るリコ。

DSCF5679.jpg




彼が、その抗争を勃発させるため、騒ぎを起こしたのかは、

誰にもわからない。



しかし、その場を去る彼の顔は

限りない満足感をたたえていた。

DSCF5680.jpg






エージェント・リコ 大きな目標の為には、地道に物事を進める男。










次回のJUST CAUSE.




疾走するボート。

DSCF5697.jpg





舳先に立つリコ。

DSCF5713.jpg





そして・・?!

0.jpg







次回も、JUST CAUSEを見逃すな!

別窓 | JUST CAUSE | コメント:4 | トラックバック:0
第二部15:不毛
2007-11-14 Wed 23:08
むさしさんはその日、

夜道を散歩していた。




DSCF5433.jpg


とても不審な様子で。


明らかに泥棒の動きである。



まぁ、彼の歩いてきた道には、

DSCF5431.jpg


こんな風に物が落ちていたので、

あながち間違いではなかったのだが。



そして、

警備員にとめられた。

DSCF5432.jpg


そこのお前、止まれ。





ということで、

牢屋行きにはならなかったものの、

怒られたむさしさん。



ハラワタは煮えくり返った。




そして次の日・・・・















腹いせに馬を盗みたいと思います。

DSCF5443.jpg


彼は、怒りのためか小刻みに震えていたため

カメラにうまく収まらずピンボケした。







ちなみに、怒りの矛先はもちろん、


DSCF5440.jpg






岩陰から様子を見るむさしさん。

DSCF5441.jpg





警備員が馬を離れ、すこし向こうに移動したところで

むさしさん出動。

無事、馬を別の場所に移動し、

警備兵の様子を伺う。





しめしめ・・戻ってきた戻ってきた。



DSCF5444.jpg



馬がいないことに気づいた警備員。

しばらく馬のいた場所をうろうろし、

そして、

何か分けのわからないことをわめいた後、、、








う・・・うわぁあああああああぁぁぁ

DSCF5446.jpg



あぁあああああああぁぁぁぁぁんヽ(`Д´)ノ

DSCF5445.jpg





・・・



・・・・・・・・





ちょ・・ちょっと悪いことしたかな・・・

DSCF5443.jpg






むさしさんは少しだけ、後悔したのだった。






彼の行為はまったくもって不毛というしかない。

















その後、とある洞窟の前にむさしさんは居た。


DSCF5447.jpg




その洞窟は、幾つもの棺が転がっていた。


DSCF5450.jpg



そこらじゅうにある棺・・、

朽ち果てた死体さえ、棺の中にあるのだった。

DSCF5452.jpg



むさしさんが目を細め、あたりを伺っているときだった。

DSCF5454.jpg







ドカッ!





むさしさんの背中に衝撃が走った。


吸血鬼が後ろから殴りかかってきたのだ。






・・・痛ぇだろこのヴォケがー!






何キャラだむさしさん。




なんだかよくわからないキャラのむさしさんは

しばらく吸血鬼と死闘を繰り広げ、

無事、そいつの死体を地に転がした。



DSCF5453.jpg



はぁ・・・はぁ。。。


・・・まったく、、、。。。。



またしてもむさしさんのはらわたは煮えくり返った。



DSCF5456.jpg






ドカァ!




DSCF5455.jpg




なんてことをするんだむさしさん!




武士の風上にも置けない男、むさし。




彼は、

死体をないがしろにした結果なのか、

この洞窟でたいした収穫も得ることができなかった。





ふー、この洞窟、最低だったな。まったく不愉快だ。

DSCF5460.jpg





むさしさんはため息まじりに洞窟を出ようとし、

入り口の看板を見て絶句した。





DSCF5448.jpg





看板はしっかり見ろよむさしさん。





入り口に洞窟の内容が書いてあるゲーム、それがオブリビオン。


別窓 | 冒険記 | コメント:8 | トラックバック:0
雑談:JUST CAUSEについて
2007-11-13 Tue 18:48
ども、むさし屋です。


前回、ついにオブリビオンの世界だけでなく、

違うゲームについて項目を作ってしまいました。



JUST CAUSE ~ビバ!レボリューション~

11月6日 発売。



このゲーム、

海外では昨年の時点で既に発売されていましたので、

日本では約1年の時を経て発売されたことになります。



異様に広いマップと、驚異的に綺麗な映像、

そしておバカアクションが売りです。



私が声を大にして言いたいのは、




売れてねぇえええええ!!!!



ってことです。




いやほんと、売れていない。きっと。

まだ売上本数は出ていませんが、多分初週売り上げ数千本といったところでしょう。




ソフトは非常に良く出来ています。

ここを見てくれているオブリビオン好きな皆さんが大好きな、

自由度の高いアクションと、

簡単操作による、高い爽快感を維持しています。



ただ、

エースコンバットや、アサシンクリード、三国無双といった

メジャーなゲームの谷間に発売されてしまい、

不遇の扱いを受けている可哀想な子なんです。





これだけ綺麗に作り込まれた箱庭世界、

せっかくなので、オブと同様に紹介していこうかなと思った次第です。




自然の綺麗さは、

オブの1段階上を行っています。

世界の広さも、オブより上かな?

(東京ドーム2万個分(正確な値失念)くらいとパッケージの裏に書いてあります。)



もちろん、オブほどの深い世界観ではありませんが、

気軽に革命を楽しめる(書いててなんて説明だと思ってしまいますが)

楽しい1本です。




オブ本編はもちろんこれからも書いて行きますが、

今後は、

こうやって私が面白いと思ったソフトも、書いて行けたらなぁと思います。



オブで当ブログを知って頂いた方、

今後、オブ以外のことを書いていくこともあるかと思いますが、

仕方ないやつだと苦笑しつつ、付き合って頂ければ幸いです。






あ、あとですね、

先日9万ヒットという快挙を達成させて頂きました。

ありがとうございます。

9万って凄い数ですよほんと。びっくりします。

大した情報も無く、更に実になる情報は全く無いという

悲しいブログではありますが、

これからもよろしくお願いします。



次はいよいよ10万ヒットとなります。

10万ちょうどのカウンタを踏んだ方には、

ささやかなプレゼントを・・・

・・う~ん、そうですねぇ、

うちの看板、むさしさんを・・


DSCF2012_1.jpg



・・・と言うのはさすがに無理でして、


私がプレイしてた海外版オブリビオンのゲームを・・・

といっても、ここに来ている方は、

日本版持ってるから要らないか?!



ま、まぁ報告を頂ければ、

プレゼントも用意しておきますので、

10万に近くなったら、思い出してみて下さい。




あ、そうそう、

むさし屋本舗のほうも、細々と更新を再開しはじめたので、

お時間に若干の余裕があり、更に駄文に耐性の有る方はそちらもどうぞ。




ではでは。
別窓 | 雑談 | コメント:5 | トラックバック:0
CASE1:エージェント・リコ
2007-11-13 Tue 01:14
リコ よく来てくれた!

DSCF5633.jpg


インカムから、トムの声が聞こえてくる。



俺は、リコ・ロドリゲス。CIAエージェントだ。


今回の任務は、ここ、

俺の眼下に広がるサン・エスペリート共和国での秘密工作だ。


DSCF5635.jpg



この美しい島で今何が起こっているか・・・

まぁ、それは俺の気が向けば、おいおい教えてやろう。


今は、、そうだな、

このインカムの向こうから大きな声で俺を呼ぶ上司、トムがうるさい。

また後にしよう。


そういい残して、エージェント・リコは空の海へとダイブした。


DSCF5634.jpg





しばらくの滑空の後、

彼は背中から伸びる紐を引いた。

DSCF5639.jpg


彼の体が上に引っ張られる。



・・見えた見えた、あそこにいるのがトムだ・・っておい。




そこから聞こえてくるのは、銃声だ。



リコの下で繰り広げられているのは、

血なまぐさい舞台であった。

DSCF5640.jpg


リコ!遅かったじゃないか!


トムの罵声が飛ぶ。遅かったとは何事だ。

こっちがせっかく来てやったのに。



リコはトムの言葉にうんざりしつつも、

手にはいつもの武器があり、その手から放たれるものによって、

彼らを襲う連中はバタバタと倒れていくのだった。

DSCF5642.jpg



トムを襲っているのは、この国の兵士である。

そう・・

今回の敵は、この国そのもの・・政府だ。



政府はそのすべてがいいものではない。

人間に善と悪があるように、政府もまた、善とは限らない。



・・その支配者にとっては、善なのであろうが。



リコが物思いにふける間にも、彼の体は敵の動きに俊敏に反応している。


俊敏すぎて動きが八頭身のようだった。

DSCF5647.jpg


<参考:八頭身>
1.jpg




その後、

トムの運転する武装車でひとまずアジトまで逃亡したリコは

DSCF5648.jpg



アジトに着くと、

今回の任務の説明を聞くこともせず、

とあるものの前で立ち止まった。


DSCF5657.jpg



バイクだ。

エージェントというもの、

自分の命をかける乗り物に対しての興味は人一倍である。



ふむふむ・・ここがこうなって・・・



と、

リコがマシンの状態をチェックしていると、、




おい、そこのあんた。

DSCF5658.jpg



リコに話しかけてくる男、

なにやら黒服で・・・カタギでは無いと人目でわかる。



アジトとはいえ、一見、普通の場所であるからして、

誰でもここに来ることは可能なのだが・・・。



おい、あんた、、、もしかして。。。

DSCF5659.jpg







パン。







DSCF5660.jpg


エージェント・リコ。身分バレをもっとも嫌う男。






         もし反応があれば・・次回もある・・かも??







JUST CAUSE ~ビバ・レボリューション~ 次回予告



エージェント・リコは広大な島、サン・エスペリートへと降り立った。



DSCF5655.jpg




・・いやいや、


これは、降り立った小島だ。


実際は、


DSCF5656.jpg



これだけ広い。




ここで繰り広げられるのは、


DSCF5684.jpg



抗争か、


DSCF5664.jpg



はたまた観光か。





エメラルドグリーンの海の上で繰り広げられる壮絶な戦い。



                    こうご期待!
別窓 | JUST CAUSE | コメント:11 | トラックバック:0
雑談:チーターマンについて
2007-11-07 Wed 12:42
ども、むさし屋です。


前回、むさしさんが呟いていたチーターマンですが、


あまりにも説明不足の為、置いていかれた方も多いのではないでしょうか?


ついに筆者がイカれたか、と思われた方も同様に多いかと思われます。



残念ながらまだイカれてません。



チーターマンとは、しばらく前から、

ニコニコ動画を中心に流行っている、

昔のゲームです。


詳しくはwikiを参照下さい。


これが結構笑えますので、動画張っておきますね。



関連リンクをたどっていくと、むさしさんの呟いていた歌にもたどり着くはずです。



youtube 伝説のクソゲー チーターマン2





このチーターマン、2次元むさしさんの冒険に見えて仕方ありません。


                      では、また。
別窓 | 雑談 | コメント:4 | トラックバック:0
第二部14:家を買う。。
2007-11-07 Wed 00:00
DSCF5408.jpg


はい、鍵をどうぞ。




と、むさしさんに鍵をくれたのは、帝都の不動産屋。

なんと、むさしさんは家を購入したのだった。



記憶を無くす前に、アンヴィルに家を買ってるのに。



まぁ、そんなことを覚えているわけもなく、

むさしさんは帝都のウォーターフロントに家を購入したのだった。



ウォーターフロント、、、、、

聞こえはいいのだが・・・


DSCF5409.jpg


・・・

DSCF5411.jpg


・・・・・う・・

DSCF5413.jpg


・・うぅ・・・

DSCF5415.jpg


・・・ぼ、、、ぼろい・・。

DSCF5416.jpg



というか、ぼろい以前に、部屋にベッド以外何もなかった。









う~む・・・、ありゃ酷い。

寝る以外、荷物を置く入れ物すらないじゃないか。

むさしさんは憤慨しつつ、1500円という破格の値段に

文句もなかなか言えなかった。



ふぅ・・・

DSCF5420.jpg



金・・・

稼ぐか・・・・


DSCF5419.jpg














DSCF5421.jpg


念願の倉庫区画を手にいれたぞ!



むさしさんは喜び勇んで家へと向かった。

DSCF5423.jpg








・・・




DSCF5424.jpg




・・倉庫区画ってか、

DSCF5425.jpg


ただの箱じゃん。




















チーターマン・・俺・・ってチーター・・

DSCF5517.jpg


むさしさんはその後、

チーターマンの鼻歌を歌いながら



地道に金を稼ぎ、

DSCF5426.jpg





なんとか座れる場所を確保するまでに至ったのであった。

DSCF5427.jpg




ふぅ・・・ひでぇ家だ。



風通しのよい新居の中で、むさしさんのつぶやきは儚く消えていくのだった。








              むさしさん、

              どうでもいいがお前はチーターマンではなく

              豹だぞ。

別窓 | 冒険記 | コメント:2 | トラックバック:0
| むさしの冒険記 + むさし課長日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。