OBLIVIONの世界(とか、世紀末とか)を中心に、『むさし』が旅します。そこで手に入れるのは、名声か、職業か、・・はたまた。。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
■プレオープン:New Vegasはじめました
2011-05-24 Tue 14:49
むさしメモ


1.目覚めるとドクター
 目が覚めると、見知らぬ家で介抱されている俺。診療所か?
 顔はぐっちゃぐちゃだったから整形した、とドクター。
 整形直後なのに、髭がばっちり生えていることには何も言わないでおこう。

2.何をやった俺
 どうやらボコられて捨てられていたらしい。
 やったやつ、ヌッ殺す(いつか)。

3.とりあえず徘徊
 辺りを物色しつつ、状況を把握。
 途中、自警団みたいな女に銃の使い方をレクチャーされる。
 いいケツっぷりだな、こいつ。
 どうでもいいが、俺を気持ち悪いと思っているようだ。
 顔のことはドクターに言え。

4.勢力?
 どうも記憶がはっきりしないが、
 この世界は、いくつもの勢力が存在しているようだ。
 俺をボコったやつはどのチームだ?

5.そうこう言っているうちに
 ギャングの抗争に巻き込まれた。
 多勢に無勢なので、町の方に味方してみた結果、
 ギャングに恨まれた。糞どもが。

6.少し南下したら
 町があるらしいので、移動してたら、
 刑務所を発見。だが、脱獄囚で満載。
 先ほどの件で、何をされるかわからないので、
 遠くから見張りを狙撃してやったら、
 ガチでキレやがった。糞どもが。

7.半分ぐらい
 やってやったが、明らかに数が多すぎる。
 命の危険を感じるので、一旦撤退することとする。
 ただし、ただ逃げるのでは癪に障るので、
 ヤツらの家に沢山置いてあるダイナマイトを
 片っ端から火をつけて放り投げてやった。ざまーみろ。
 
 しかし、どーでもいいが、
 ギャングの家から物を拝借しただけで、
 カルマが下がるのは如何なものか。
 ギャングだって生活がありますかそうですか。


 =====ここまで書いた むさし=====

スポンサーサイト
別窓 | New Vegas | コメント:4 | トラックバック:0
| むさしの冒険記 + むさし課長日誌 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。